プロペシアジェネリックで安価に育毛

男性型脱毛症に効果的な治療薬としてはプロペシアが有名です。
しかし治療には長期間の継続使用が必須なため、経済的な負担はかなりのものとなります。
保険適用ができないことも続けることが難しい理由です。そのような中でプロペシアのジェネリック医薬品が注目を集めています。

ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれており、特許期間満了後に他社から販売されている安価な医薬品です。
ジェネリック医薬品は価格が安くても同等の効果を発揮します。
プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアは、日本国内において多くの人が個人輸入を通じて入手しています。

通販ならフィンペシアを手軽に購入でき、しかも個人輸入でフィンペシアを購入した場合は、国内の医療機関で購入するよりも10分の1の価格に抑えることができるからです。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドはフィンペシアにも配合されており、プロペシアと変わらない効果があることで人気が出ました。
フィンペシアが男性型脱毛症に効果的な理由は男性ホルモンの一種であるDHTを抑制する仕組みにあります。
DHTは男性型脱毛症を引き起こす原因とされている物質です。
このDHTという物質が生まれるのを阻害することで、男性型脱毛症を改善する仕組みとなっています。

同じようにプロペシアのジェネリック医薬品として注目されている中にエフペシアがあります。
エフペシアもフィンペシアと同様に、有効成分にフィナステリドを配合している男性型脱毛症に効果的な医薬品です。
世の中には既にフィンペシアというジェネリック医薬品が存在している中で、エフペシアが注目を集めたのには理由があります。

そもそもプロペシアは日本人向けではないと言われてきました。
それはキノリンイエローと呼ばれている着色料がコーティング剤に使われていたからです。
キノリンイエローは発がん性物質であるという噂が出たため、代替品としてほぼ同じ医薬品であるエフペシアに注目が集まったという訳です。

フィンペシアとエフペシアの服用方法と注意点

フィンペシアの服用方法はプロペシアと同じで毎日1錠を水などで服用します。
服用を止めてから1ヵ月経たないと献血ができなかったり、前立腺がんの検査を受ける時は担当医に服用していることを伝える必要があります。
服用を開始して効果が出てくるまでは半年程度かかり、効果が出てきても服用を止めると男性型脱毛症は進行します。
日本国内でフィンペシアを入手するには個人輸入するしか手段はありません。
しかし個人輸入では医薬品副作用被害救済制度という公的制度が利用できないので、服用にあたっては副作用のリスクを理解しておく必要があります。

フィンペシアには体に害を及ぼす危険性が噂されたキノリンイエローというコーティング剤が使用されていますが、実際には微量の場合には問題がありません。
ちなみに現在のフィンペシアにはキノリンイエローを使用していないものが流通しています。
エフペシアもフィンペシアと同じように毎日1錠を水などで服用します。お茶やジュースで飲むと副作用が出る危険性もあるので注意しましょう。
たくさん飲んだ方が効き目があると勘違いしている人も少なくありませんが、もしも毎日2錠以上飲んだとしても効果は変わりません。
それどころか副作用が出やすくなってしまいます。

エフペシアの副作用には胃部の不快感や腹痛や下痢や頭痛などがありますが、発症率は全体の数パーセント程度で症状も軽い場合がほとんどです。
また性欲減退の副作用もありますので、子供が欲しい男性は確認しておきましょう。
フィンペシアもエフペシアも強力な効果がありますが、副作用の危険があることを理解しなければいけません。
購入する際には皮膚科やクリニックでアドバイスを受けましょう。